Column

悪霊や低級霊って?

悪霊はいない?


SpiritualSupportの霊に対する概念には、 一般的に呼ばれる 悪霊、低級霊などという霊は存在しない。という定義を持っています。勿論、ネガティブな概念を持つ未成仏霊は存在をしますが、その存在目的としては「あなたに憑りついて悪行を果たすのが目的ではない。」ということです。

何で霊障が起こるの?


そもそも未成仏霊とは、成仏の出来ていない魂や供養の不充分な魂が、思いを伝える為に憑依・霊媒体質の人や子孫にコンタクトを取り、自らの想いを伝え、 様々な現象で気付かせようと必死に訴えかける結果が霊障です。

しかし多くの霊障を受ける人は違和感を感じながらも認知が不十分な為、更に強いコンタクトを求めて来ます。

その未成仏霊を、悪霊や低級霊と判断して、除霊をするだけでは 根本的な解決に繋がらないと考えています。これが、お祓いをしても解決できない理由です。同様に、霊媒体質の人がパワーストーンのブレスレットに身を守ってもらえないのも、祓うだけでは解決していないからなのです。

想像してみて欲しいのです。悪霊や低級霊と判断されている未成仏霊の始まりはどんな存在だったのでしょうか。
以前は、私たちと同じ生きていた人間や動物なはずです。私たちと同じように肉体を持っていたのに、死を境に魂の宿る肉体が無くなった行き場の無い意識体や感情を、ある能力の保持者が霊と判断をしています。ですから、実際に行動したり、人生をやり直したり、学びを得たりすることが不可能な、ただただ、自らの苦しみや辛さを訴えて来るだけの存在。それが霊の現実です。

除霊では解決できない

その霊に対して「悪霊退散!」「あっち行け!」と祓うのが有効ではないのは、もうお察し頂けますね。
例えば、生きている人間が道を歩いて目の前で倒れたらどうなさいますか? 「あっち行け!」 と追い払いますか?それとも、救急車を呼びその人を助けようとしますか?追い払って、目の前の倒れた人はどうなるでしょうか?誰かに助けを求めますよね。そして、追い払っても消えませんよね。除霊をするという事は、そういう事なのです。

取りあえずの対処法としては、相手がその苦しみから解放されることを祈ってみませんか。

関連記事一覧

Category

Column