Column

お金のストレスのない世界に

以前、お金に関するマインドを変えるためのセッションを行っていました。その中では、お金に対するその方の常識を徹底的に洗い出してから、お金の現実を知ってもらうためのワークをいくつか取り入れたものでした。そんな経験から、世の中には、お金に縛られている方が多いように感じています。
縛られ方は様々ですが以下の捉え方をしている方が多く見られました。

お金にまつわるネガティブな捉え方

  • 生活費の為に嫌な仕事を我慢している
  • 買い物の際、まず先に値段を見てから選ぶ
  • いつもお金がない状態が続く
  • お金がなくなるんじゃないかと、いつも不安
  • 老後のことが心配
  • できれば、お金を払いたくない

書き出せばキリの無いほど、お金にまつわるネガティブな捉え方をしている人がいるのがわかりますね。過去は億単位で稼いでいた方もこのセッションを受けて下さったので、その方の許可を得てここに掲載します。

質問:どんな気持ちを持っていますか?こたえ:いくつでも
お金を貯める
お金を使うストレス発散
お金を稼ぐ手かせ・足かせ

女性でしたら、各項目にいくつでも答が出ますが、この方は男性だったので、とてもシンプルに一言。という形で頂きました。拝見をすると、お金を貯めるというお考えは全く無かった様ですね。そして、お金を使うのはストレス発散のため。お金を稼ぐに至っては、詳しく伺ってみますと「稼ぐためには、人に手かせ足かせをはめて働かす。」というお考えでした。実際に、そうしたお仕事への取り組みで会社を2社閉鎖させていらっしゃいました。

この様に、お金にまつわる自分の考えや捉え方がわかると、その原因を一つ一つ理論的に解釈し直せば良いので、ある意味簡解決は単です。しかし、理論の認知は頭脳で行う事です。身体が知らず知らず お金に対して 感じてしまうストレスにはどのように対処したら良いのでしょうか。

具体的にはどうすればいい?

お金に対して、目に見えない世界から捉えてみますと、既に流通をしているお金には、上に述べた様に「ネガティブな感情の情報」がのっています。物にも「念が宿る」ことが多々あります。同じように紙幣にも「念が宿った状態」であるということです。

念の無いお金はある?

はい。ございますよ。それは、誰も支払いに使用をした事が無い新札です。お金を銀行からおろす際に、両替に、「新札」を選んでみていただくと宜しいかと思います。

そして、ご自身がお金を使う時には、「ネガティブな思い」ではなく「感謝」できる事にお金を使うように心掛けてみましょう。

お金のストレスのない世界に

「本当に欲しいもの」「大切にできるもの」「ありがとうと表現できるもの 」 だけにお金を使うのです。それが続けば、あなたの身の回りには感謝されたものだけが残ります。そして、多くの人がそう行動をしたら、世の中からお金のストレスが無くなるかもしれませんよ。

いかがでしたか?お金に関するマインドを変えるセッションの内容をギュッと凝縮をして記事にしてみました。世界を変えるお手伝いをしたい!という方は、是非この記事をシェアして頂けると幸いです。

関連記事一覧

Category

Column