Column

死への恐怖が軽くなったのは(抗がん剤2クール 12日目)

※この感想記事は、SpiritualSupportのセッションを受けて下さった方がブログに記事を書いて下さいました。感想部分を編集せずにそのまま掲載させて頂きます。

ご縁あって、ご先祖様の供養をして

いただけることになり、お願いしました。

8代前?くらいまでさかのぼって

やっていただけるとのことで。

私の場合、ご先祖様で成仏できていない

方の人数が

男性83名

女性74名

もいらしたようで。。

えーー? そんなにたくさん??

とビックリしたのですが、大抵みなさん、

これくらいいらっしゃるそうです。

この150名を越える方々を一気に光の

もとへとお戻ししてくださいました。

すごい短時間で。

成仏できていない

というのは、どういう状態か、お話して

くださったので、ここでもシェアを。

人間は悩んだり苦しんだりすることが

あっても、例えばそれを別の視点から

見たりすることで、ポジティブに変換し、

自分で気持ちを変化させて行動に移して

いくことで変わることができますよね。

変わることができる

というのは、肉体を持っているから

できることだそうです。

つまり、辛い状況から自らの力で

ポジティブな状態にまで持っていく

ことができる。

この3次元、地球で生きているかぎりは

肉体を持っているので、変わることが

できます。

ですが、肉体から離れてしまい、つまり

亡くなってしまい、魂の状態になって

しまうと例えば、ものすごく地球に

未練があったりとかして成仏できなかった

場合、苦しいとかもがき苦しむような

状態から自分の力で変化することが

できなくなるそうです。

肉体を既に持っていないから。

そうなると、苦しい状態のまま土の中に

生き埋めにされている状態なんですって!

想像するだけで苦しそうですよね。。

そんな状態から解放してあげられるのが

このご先祖様の御供養なんです。

お一人おひとりが、光のもとに行ける。

しっかり供養していただけるんです。

供養していただいている間は、私は

何もすることはありません。

ただ、心をご先祖さまに合わせていました。

終わった後、供養をしてくださった方が

深々と丁寧におじぎをされたんですね。

何だろう?

と思ったら、それはご先祖様が、私に

対してその方を通して深々とお礼を

してくださっていたらしく。。

お礼の意味は、

今回、ご縁あって、このような形で私たち

(成仏できていなかったご先祖様たちのこと)に

気づいてくれて、本当にありがとう

ということだったようです。

それを聞いて、涙が出ました。

ご先祖様のお役に立てたんだ!!

と思ったら嬉しくてたまらなかったのです。

だって、ご先祖様に守ってもらえることは

あっても、私がご先祖様のお役に立つ

ことができるなんて夢にも思わなかった

から。

すごくすごーーく嬉しかったです!!

ご先祖様たちは、基本的には、地球に

生きている私たちを守ってくれています。

でも、成仏できていないご先祖様たちは、

自分自身が苦しい状況にあるので、

人のことまでかまってあげる余裕が

無いんですって。

それはそうだよね、って思いますよね。

自分がめちゃくちゃ苦しい時に、

人のことまで気を使って、サポートする

なんて、なかなかできないですもの。

でも、今回、苦しい状態から、光の元へ

戻れたことで、私のことをサポートする

余裕もできる状態になったので、

これからは私のサポーターとして

守ってくださることもできるようです!

それはありがたい!!

力強いサポーターが増えたということ?!

今回、私がこのご先祖様の御供養を

お願いした背景があります。

がんになって、しかも、かなり状態が悪く、

近い将来の死を覚悟せざるを得ない

状態になった時、私はとにかく死への

怖れがすごくありました。

肉体は無くなっても、

魂は永遠に存在し続ける

ということは、よーーくわかっている

のですが、死への恐怖はものすごく

あって。。

とにかく毎日おびえていました。

そんな時、ママ育でお世話になっている

霊性の高い方に、

私の死への恐怖は私のものではなく、

母親や、母親の母親からきているものだ

と言われたのです。

頷ける部分がありました。

私の母は、母が幼少の頃に、実の母親を

亡くしています。

そして、私は現在は二人姉妹ですが、

今の姉と私の間に、もう1人姉が

いました。

産まれて間もなく亡くなってしまったため、

私は地球では会っていませんが。

というふうに、私の母親は、肉親の死を

思わぬ形で何度も経験しています。

育ての母親も、脳卒中?くも膜下出血?で

亡くなってしまったので、突然のことで

お別れも何もなく、亡くなってしまった

のだと思います。

私が小学校1年生の時だったので、

その時の詳しい状況はよくわからない

のですが。

亡くなった時、母が泣いていたことや、

お葬式の準備やお葬式の様子は

ところどころですが、よく覚えています。

なので、母親は死への恐怖というものが

もしかしたら人一倍あったかも

しれません。

そういった母やその前の世代のご先祖様の

死への恐怖が、私にものっかっていると。

それは私のものではないので、祓って

もらったほうがいい

というところから、ご先祖様の御供養を

することを決めたのです。

なので、私が病気にならなかったら、

ご先祖様をこういう形で供養しよう、

なんて思わなかったんじゃないかと

思います。

そう考えると、やはりこの病気になった

ことの新たな意味合いが出てくるというか。

起こることに無駄なことは無い

すべて意味のあること

というのを、すごく感じます。

ここでもまた、病気への感謝を感じる

ことができました。

そして、このご供養の後から、死への

恐怖心が、驚くほど減りました。

完全に無くなったとは言えませんが、

近いうちに死んでしまうかも。。

というふうに考える時間が、激減しました。

ちょうど、抗がん剤をやる、と決めた

タイミングと重なったというのも

大きいかもしれません。

治療方針を自分の意志で決めて、覚悟した

ので、あとはとにかくやるだけ!という

状態になったので、腹が座り、前向きな

気持ちになれたために、死への恐怖心が

減ったということもあると思いますが、

今は死にたくない!怖い!どうしよう!

といった気持ちで心が占領されるような

ことがなくなったのです。

そんなことを想うよりも

ご先祖さまがいるから、生まれてくる

ことができたんだよね

ご先祖さまにいただいた身体だからこそ

大切に大切に扱いたいよね

ご先祖さまのお役に立てて嬉しい

ご先祖さまがせっかく下さった命だから

もっともっと地球での生活を満喫しよう

ご先祖さまが、毎日を楽しく過ごせる

ようにお祈りしよう

といった気持ちに変わりました。

それ以降、

いつまで生きられるだろうか

年内までもつのかなぁ

みたいなことをグジクジといつまでも

考え続けるということはなくなりました。

時々、ふっとよぎることは今でも

ありますけどね。

でも、長い時間、考えてしまうという

ことは無くなりました。

私の中では本当に大きな転換の日でした。

鳥肌と涙が止まらない時間でした。

とにかくご先祖さまのお役に立てたことが

本当に本当に嬉しかったです。

このご縁に心から感謝しています。

そして、みんなやっていただいたら

いいのに!

と、心底、思いました。

(すべての方がご先祖様供養をすることで

死への恐怖が無くなる、という意味では

ありません。私の場合は、母やご先祖が

持っていたの死への恐怖が私の中に

入っていたから祓っていただいたことで

死への恐怖が減ったと感じただけで、

その効果は、人によって違います)

私が供養をお願いしたのは、こちらです↓

Spiritual support

許可をいただいてご紹介させて

いただいてます。

少しでも心が動いた方は、ぜひやって

いただいてみてください!

それ以来、毎朝、ご先祖さまの幸せを

お祈りするようになりました。

今まではご先祖さまに対して、気持ちが

お留守で、毎日考えたり手を合わせたり

ということはしたことなかったのですが。。

(ごめんなさい。)

この日以降は毎朝、ご先祖様と私と、

その他みんな、世界の人々が、とても

幸せを感じる1日を過ごせますように、

とお祈りしています。

朝一番で、これを心の中で唱えると、

1日がそして一瞬一瞬が、小さなことでも

とても幸せに感じられます。

朝一番に気分を上げておくって、毎日を

ハッピーに過ごすためのコツですね!

このことがあったことで、私は1人で

生きているわけではないんだよね~、

というのも、改めて感じ、しっかりと

体感することができました。

ご縁をいただけたこと、気づかせて

もらえたことに、本当に感謝しています。

ありがとうございます!

土居美紀

この体験をなさった方のブログは下のボタンから飛べます。

関連記事一覧

Category

Column